本文へ移動

テックメディカルコート|アモルファス型酸化チタン

TECH MEDICAL COAT とは

テックメディカルコートは光触媒作用の材料に完全無機のアモルファス型過酸化チタンを取り入れたことが大きな特徴です。
この過酸化チタン自体が持つ強い接着力により、これまで欠かせなかった有機系バインダーが不要となり、あらゆる基盤に常温で且つ安全に光触媒膜を付着させることが可能となりました。
またこの過酸化チタンは有機基盤へのブロック層の役割を兼ね、二層工法(特許工法)を使用する事で、従来から問題となっていた下地の有機基盤を損傷させるという事も解消されました。
この独自のシステムを取り入れる事により光触媒分解機能を最大限に高められるのです。

新工法・手法!TECH MEDICAL COAT工法はこれだ!

効果的に光触媒を利用・活用し効果を発揮する為には…

光触媒
酸化チタンを、基盤に対して確実に固定付着を行う必要性があります!
 
TEC MEDICAL COAT工法
光触媒造膜モデルこれです。

酸化チタンの造膜方法と有機基盤の比較

TECH MEDICAL COAT工法と他社工法との大きな違い

最先端光触媒
従来の方式(他社製品)
バインダー方式(粉状酸化チタン+接着剤)
■従来の方式では、長期間の固定付着が不可能で光触媒効果が激減してしまいます。
光触媒によってバインダー(接着剤)が酸化分解  ☞ 長期間固定が不可能
酸化チタンが他物質によって被覆される      ☞ 光触媒効果が激減
 
これでは、せっかくの有機基盤を痛めてしまう恐れがあります

光触媒作用の高性能・高耐久化

■新工法!TEC MEDEICAL COAT方式

アモルファス型過酸化チタン
アモルファス型過酸化チタン
TEC MEDICAL COAT方式を用いる事により、長期的に光触媒の効果が期待できます。
これにより、今までなら将来的に不安だった光触媒コーティング効果も安心していただけます。

これほど優れた作用を持つのになぜ?

実用化が遅れた理由…
光触媒作用は1960年代から研究されていました。
しかし、身の回りにある物の多くは有機物の塗装・壁紙・アクリルでした。従来の方式、酸化チタンを付着させる接着剤(バインダー方式)
も有機物でその結果…
光触媒によって分解される
↓↓↓↓
長時間、固定付着できない
つまり、従来の方法では安心して酸化チタンは使えなかった
 
新工法!TECH MEDEICAL COATなら
長期的に効果を発揮し安心した暮らしを実現
 
 お見積り・お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0120-921-393
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
TOPへ戻る